TOP > Here

 

 

2004年、いじわるネズミ通信総括
2004/12/27


今年を一言で表現するならば、私個人は「趣味の年」であった。
近年これほどまでに生活の娯楽コンテンツが増えた年も珍しい。

去年までで終わりを告げた趣味もあるが、今年新しく始めたモノには今までのそれとは比べようも無いほど時間を割いた。
性懲りもせず。良く言えば好奇心旺盛か。

今年始めた趣味はいくつかあるが、なんと言ってもこの「サイト運営」には飛び抜けて気力と時間をかけた。

3月末から始めたこの「いじわるネズミ通信」であるが、開設当初のバックアップ(お花見に出かけたときに撮った写真と文が一行のみというシンプルすぎるページ。今回はあえて非公開)を見ると、恥ずかしさと共にノスタルジックに浸れるほどに変貌を遂げた。
何の気無しにやってみたサイト作成にここまでハマるとは、私自身想像すらしていなかった。


サイト運営を行った結果、判明したことが数点あるのでそれを書き記し、総括としたい。

1.私には秀でた文才は無かった

残念。まぁ元々自信を持っていた訳ではないが、あらためて読み直してみるとなんと似通った文脈であることか。
異なる題材でも同じ文脈に出来るということは、ある意味才能なのか?
自虐的なことはあまり書きたくないが、そう思えてしまったのだから仕方が無い。
業務上ではめったに長文を書くことは無いため、2005年も引き続きサイトを通じて能力向上を図りたい

2.サイト運営はまんま店舗運営

商品(コンテンツ)、広告宣伝(被リンク数等々)、売上(アクセス数、PV)、分析(アクセス解析)と、まるっきり当てはまる。
サイトを公開しているすなわち結果(売上=アクセス)を求めているのであって、自己満足のみを求めるのならばサーバにアップしなければよいだけのこと。私にしては珍しく自己完結できない趣味を持ってしまったようだ。

3.毎日日記をつけるほど私の日常は奇想天外ではない

これまた随分とネガティブなことであるが、判明したのだから仕方ない。
言いたいことがあるけれど1ページを作成してまでの主張は無い。そんなときのために始めた「一言」改め「意地悪日記」であるが、やってみるとこれまた半端な文字数制限というのは厄介なものだ。
全角22文字を理想2行。44文字で今日の気持ちを表す。話のバックグラウンドを説明できる余裕も無く、訪れる誰しもが瞬時に理解でき、なおかつほくそ笑んでほしいという理想。
TOPページのレイアウト上、残ったスペースが必然的にこのスペースとなったのだが、自分で決めておいて苦しむとは、なんともサディスティックでストイック。
ただただこの2行を埋めるがために20分を費やしたこともあった。


以上が駆け出しサイト運営者が綴る1年弱の軌跡である。
趣味に対しては、熱しやすく冷めやすい私のことだから2005年の総括を書いている姿は想像出来ないが、これを踏まえ、更なる発展を目指して行きたい。

最後に、ただ単に個人の言いたいことを掲載しているだけのサイトにも関わらず、アクセスしてくれている方々を始め、リンクまでして頂いているサイト管理者の方々には大変感謝している。ありがとう。

そして2005年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

TOP > Here