TOP > 現代の謎Menu > Here

 

 

セットで頼んでも安くならない謎

2005/2/1

私は行きつけの焼肉屋でセットに付いてくるサラダは食べない。
理由は一つ、美味しそうではないからだ。
では何故セットを頼むのか?その答えも明確で、セットにした方が全てを単品で頼むより安いからである。

余談だが、サラダには必ずドレッシングをかける。無論、野菜を育ててくれた農家の方々を思い、礼儀として食べる準備としてである。断じて他の客への転用を利かなくさせる裏営業妨害ではない。

私は商品としてのセットには3種類あると考えている。
それに含まれる謎も含め、説明したい。


−多くの客が注文する組み合わせを単品での注文に比べ安く設定するセット
いわゆるマクドナルドに置けるバリューセットだ。
その店でのウリであり、他店との差別化を図るための武器である。


−単品での注文より高くなるが、サイドメニューが付いてくるセット
多く見られる手法であり、先の焼肉屋でのセットがこれに当たる。
単品でカルビ、ライス、ドリンクの3品を頼むのと同じか多少割高となるが、キムチとサラダ、スープまでもが付いてくる。サイドメニューは単品時よりサイズが一回り小さくなる場合が多いにしろ、それを含めれば得であろう。 客単価を上げようという店側の努力である。


−注文時の口数を減らすためだけのセット
これです謎は。
客が計算をしないとでも思っているのか、単品での注文と比べて安くも高くもなっていないセット。
こういうセットを組む店に限って多種多様なセットがあるのだが、単品と同価格でサイドメニューを入れ替えただけのセットがメニュー狭しと並んでいる。
大手チェーン店でも採用している所もあるが、こんなセットをわざわざ会議を開いて決定したのかと考えると哀れで仕方が無い。

こんなセットを組む店では注意しなければいけないのだが、「不要なサイドメニューを除いた場合、それ以外を単品で頼む方が安くなる」という"ひっかけ問題"のような複雑なセットを組んでいる場合があるので、騙されないよう慎重に計算してほしい。これこそが店側の狙いだと私は考える。
逆に、「1個120円 10個1200円」などと明らかに消費者を小馬鹿にした値札を付ける小売店も存在するから余計腹立たしい。この店に集う客は、掛け算すらできない輩なのかと疑問に思う。
(この話をすると決まって「数量が増えても安くなりません」という意味合いだろ、と反論されるが私は当然納得しない)


店員が呼んでもいないのに注文を取りに来るのは、計算する時間を与えずにセット商法に引きずり込もうという悪魔の誘惑であり、「決まったら呼びます」とメニューを真剣に見つめる私は賢い消費者である。

 

TOP > 現代の謎Menu > Here