TOP > 現代の謎Menu > Here

 

 

過剰な日本人大リーガー報道

2004/9/13

イチローが何本ヒットを打ったか・・・
オリックス時代一度も観戦に行ったことが無い人でも本当に興味があるのか。

松井の打点がどうだったのか・・・
ナボナも食べたこともない人が国内の事件を差し置いてまで放送して欲しいのか。

最近、過度を増す大リーグ情報が耳に入る度に私は「戦時中の国民」になった気持ちでいっぱいだ。
「日本が誇るゼロ戦が米軍相手に次から次へと快進撃」のノリで、「刀を持ったサムライが大リーグ屈指のピッチャー打ち返す」と報道しているように聞こえて仕方が無い。

百歩譲って日本国民が世界を代表する選手の成績に興味を示しているとマスゴミが判断したのなら良しとしよう。
だがそれならば「世界の室伏今日の投てき」。
さらには「谷亮子と畳の具合」も同等の時間を裂くべきだ。

どんなに活躍しようとも敗戦後のインタビューではイチローや松井、中田などの天才的な素質を持つプレーヤーは限って「チームの勝利が最優先で、それに貢献すべく努力を続ける。僕の記録の数字など...」と答える。 
それなのに「今日は5打数4安打の大活躍!チームは3連敗です」などと平然と伝えることは一種の侮辱にならないか。


取材に行っていると思いきや、そのうち選手との結婚報告なんぞしやがる女子アナしか揃えられないようなテレビ局に多くを望むのは酷な話だろうか・・・。


(ここまで書いて気付いたのだが、冒頭の「ナボナ」は世代を下げて「セコム」くらいが無難だった。)

 

TOP > 現代の謎Menu > Here